ぎっくり腰

骨盤矯正のアップル整体院
骨盤矯正のアップル整体院
骨盤矯正のアップル整体院院内設備
骨盤矯正のアップル整体院診察時間
骨盤矯正のアップル整体院治療理論
臨床21年の院長実績とプロフィール
骨盤矯正のアップル整体院アクセス
骨盤矯正のアップル整体院治療料金
お問い合わせ
Q&A
予約
 
 
 
 

 

ぎっくり腰

いわゆる「ぎっくり腰」は、突然に腰痛が起こった状態をいいます。症状の名前であって、病気の名前ではないのです

ドイツでは、「魔女の一撃」とも言われるほど、つらくて痛いぎっくり腰。
「顔を洗おうと中腰になったらギクッときた」、「ゴルフのスイングをしてぎっくり腰になった」など、日常生活の何げない動作で痛みが出てしまう人が多いようです。

当院の患者さんの中には咳をしただけでひどいぎっくり腰になった方もいらっしゃいます。

ぎっくり腰とは「急性腰痛症」のことで、脊柱や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨が損傷している状態のことを言います。

原因は椎間関節のねんざをはじめ、さまざまですが、ぎっくり腰は椅子に座りっぱなしの環境の人が多くかかるというデータがあります。

座りっぱなしの姿勢を続けると、体重が腰にかかってしまい、血液の循環が悪くなるので、腰に負担がかかりやすいのです。

ぎっくり腰度チェック
中腰で骨盤の上が重いような感じがする。
   (口を洗う時など流しに手をつけないときつい。)

朝、目が覚めると腰が痛くてなかなか動けない。

歩き始めると楽になる。

椅子に座って、立ち上がると痛くて動けない。

寝不足気味である。

クシャミや咳で腰が危ないと思う。
 
どうでしょうか?上記の二個以上チェックが付けば、 ぎっくり腰予備軍 です。
施術方法は、二通りあります。

一つは、マッサージやモビリゼーション等で筋肉をほぐし、関節の動きをつけていく方法。
それから、鍼施術で直接患部を刺激する方法です。両者の違いは筋肉の表面をほぐせるか、筋肉の奥まで治していけるかです。どちらが優れているというわけではありません。

 

当院のモビリゼーションテクニックは、なかなかほぐれない深部の痛みを和らげます。また鍼施術も直接痛みを出している筋肉にアプローチできるため大変有効です。
腰痛の場合いつまでも放っておくのはよくありません。椎間板に無駄な圧力をかけるからです。できるだけ早期の施術を心がけることをお薦めいたします。

予約


推薦の言葉
骨盤矯正
腰痛
ぎっくり腰
坐骨神経痛
五十肩
肩こり
O脚矯正
カイロプラクティック
リンク
 
予約
お問い合わせ
 
千葉県習志野市の整体院/アップル整体カイロプラクティック鍼灸院

ぎっくり腰